OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO 2025

未来社会デザイン会議2ND未来社会デザイン会議2ND

昨年末に、「人類社会の課題を解決する場」である2025年万博を契機として、SDGs達成に貢献する事業アイデアを発表した「未来社会デザイン会議」の第2弾。前回は金融機関、商社、インフラなど日本を代表する23社の若手が集まり、1カ月かけて自社のリソースを活用して課題解決する事業構想を企画し、発表しました。今回はその23社の中から更に5社に絞り、そこにベンチャーや中央官庁など、多様なセクターの若手が各チームに参加し、より幅広い視点と個々が持つネットワークを活用しながら、8月までの約3ヶ月をかけて事業アイデアを企画し、9月に開催されるソーシャルイノベーションのコンテストをめざすプロジェクト。

<キックオフイベントの概要>

日時 2018年5月31日(木)15:00~19:00
場所 Travel Hub Mix(東京都千代田区大手町2丁目6−2)
主催 2025日本万国博覧会誘致委員会
後援 経済産業省、外務省、国際協力機構、日本経済団体連合会、関西経済連合会
基調講演 竹中平蔵((株)パソナグループ取締役会長)
参加者 幹事企業チーム(6社)+企業・自治体・中央官庁・ベンチャー・学生(約30名)
幹事企業 サントリーホールディングス株式会社、田辺三菱製薬株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、
株式会社村田製作所、株式会社りそな銀行、株式会社パソナグループ
進行 (株)フューチャーセッションズ